orafu’s diary

青春って一瞬

私とインターネット

はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」

 

今の時代、誰もが使っているインターネット。私も、インターネットを使ってから、かなりの月日が経ちました。インターネットって、外出先でも、旅行先でも、自宅でも、どこからでもアクセスができ、今ではなくてはならないものになってしまいました。

 

私が携帯電話を持つようになったのは高校一年生です。私の家庭は、携帯を持つのは「高校一年になったら」という決まりがあり、兄が先に携帯電話を手にしたときは、うらやましい気持ちをはるかに超え、兄のことを嫌いになるほどでした。とは言っても、兄も高校生の頃は、寮生活だったので、会う機会は少なかったですが、早くスマホを手にしたい私は、その時本当に兄のことが嫌いでした。

 

 

そして、月日がたち、私がついに、待ちに待った高校一年生になり、あこがれの「スマホ」を手にしたときは、ウホウホ喜び、お猿さんのようになっていました。まず最初に、lineをいれ、友達とずっと連絡を取っていました。次に、その当時人気だった「パズドラ」をいれ、初めてスマホゲームを遊びつくしました。

 

 

あのことは、何もかも新鮮で楽しかったことを覚えています。しかし、現在は、スマホは当たり前。腕時計のような、アップルウォッチというものも出てしまいました。人間の技術はすごいものですね。あっという間に、新しいものを開発し、それがまた面白いものばかり。。。。

 

 

今の私は、こうしてブログを書いたり、SNSをやったり、スマホをいじったりと、インターネットと仲良しです。インターネットは、楽しいものですが、それを利用し、悪用する人が増えているので皆さん気を付けてください。

 

 

これから、5年後、10年後、さらにすごいものが出てくると思うと、わくわくが止まりません。もしかしたら、映画のような妄想の世界が現実になるかもしれません。

 

 

そんな未来が私は、楽しみです。

 

 

 

インターネット最高